ギャランティーカードと証明書があると高い

付属品はなるべく付けて査定に出そう!

せっかくブランド品を売るなら、少しでも高く売りたいですよね。査定額を高くするためのポイントはいくつかありますが、効果的なのが付属品をしっかり付けて査定に出すことです。購入時についてきたものは、なるべく付けて出した方が査定額はアップしやすくなります。特にギャランティーカードや証明書は重要です。ブランド品は本物かどうかを証明することも大切なので、証明書は付けた方が良いですね。自分が売った商品を次の人が買う時、証明書がしっかり付いていた方が安心して買えますよね。買取店としては、売りやすい商品の方が高く買取しやすいんです。購入時に付いてきたものは、売る時のことを考えて捨てないようにしっかり保存しておきましょう。

他にも高く売るポイントはある!

付属品を付ける意外にも、査定額をアップさせるポイントはあります。重要なのは商品を綺麗な状態で査定に出すということですね。やはり、綺麗な状態の方が査定額は高くなります。綺麗な状態で保存しておくことはもちろん、査定に出す前に掃除しておくのも効果的ですよ。自分で落とせるような汚れはしっかり落としておきましょう。ホコリまみれの商品より、綺麗な物の方が印象が良くなるのは当然です。しかし、腕時計や宝石類などのブランド品は、素人がヘタにクリーニングすると状態を悪くしてしまう物もあります。また、わざわざクリーニングに出して綺麗にしたとしても、クリーニング代が浮く程査定額が上がらない場合もあるので、自分が出来る範囲で大丈夫です。